« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月13日 (月)

「人狼TLPT ×吸血鬼」チケット発売開始です!

こんにちはー!
 
 
6月13日から16日に吉祥寺シアターにて公演が決定している「人狼 ザ・ライブプレイングシアター ×吸血鬼 〜渇愛の宴〜」に出演させて頂くことになりました。
大好きなこと作品にこうしてまた出演させて頂けること、幸せです。
応援して下さる皆さんのおかげなのです(。・・。)
本当に本当にありがとうございます。
 
今回は、特別公演ということでこれまでとは違った作品になるのではないかと、今からドキドキワクワクです。
なんと!今回のエスターは、これまでのシスターではない新しい役です │д゜*) チラッ
言いたくて言いたくて言いたいけれど、言うときっと怒られちゃうからまだ内緒 │∀・) チラッ
 
そして演出は、舞台「美人税」でお世話になった小鶴さん。
またこうしてご一緒させて頂けて幸せですっヾ(*´∀`*)ノ
早く稽古始まらないかなぁ!
 
 
 
 
そして、下記のサイトよりチケットが発売開始となります。

【パソコンからの方はコチラです】
■人狼 ザ・ライブプレイングシアター X 吸血鬼~渇愛の宴~
http://www.confetti-web.com/ticket/ticket.aspx?tid=117339

【ケータイからの方はコチラです】
■人狼 ザ・ライブプレイングシアター X 吸血鬼~渇愛の宴~
http://cnfti.com/met7047/


今回は特別公演ということもあり、大変申し訳ないのですが、横山可奈子取り扱いでご予約頂きましても前回のようにご予約特典がお付け出来ないのでが、チケットご予約のサイトでチケット購入の画面を進んで頂くと、「一般」か「役者名」のリストを表示する画面がありますので、そこで「横山可奈子」を選択して頂けましたら幸いでございます。

 
 
6月、劇場にて皆様とお会い出来ますこと楽しみにしておりますヾ(*´∀`*)ノ
 
 

 
 
では!ここからは4月の人狼TLPTを振り返りる「エスターのエスター目線過ぎる戦記2」です。
写真も載せまーす(〃'▽'〃)
良かったら見て下さい♪
 
 
 
第3ステージ(4月26日15時)
 
役職 狩人(`・ω・´)っ

内容 初日にイワンとメイソンが能力があるということを言ったため、どっちを守るか悩んだ末にメイソンを守ることにする。がしかし、翌朝イワンが死んでおり「ぁあ、予言者だったらどうしよう(ToT)」と、狩人エスターは密かに落ち込む。すると、ゲイリーがメイソンに「イワンを殺したのはお前だ!人狼!」と掴みかかり、ゲイリーは予言者でメイソンを占い、彼は人狼だったと言う。人狼と言われたメイソンは自分は霊媒師だと。すると神父クリスも自分こそが霊媒師だと。この日はメイソンが処刑。
この後も予言者ゲイリーと、霊媒師クリスの名推理により3日目に人狼だとキャシーを処刑。

「こんなに上手くいくのか!?イワンが予言者だったらゲイリーとクリスは人狼?」とドキドキしながら翌朝を迎えると、人間勝利!
なんとクリスは狂人で、3日という最短の日数で人間を勝利に導いてくれました(笑)
 
結果 勝ち
 
 
 
とある日の女子メンバー(。・・。)
 
 
 

第4ステージ(4月26日19時)
 
役職 村人(・∀・)
内容 予め決められている設定は職業と名前だけという人狼TLPTでは、初日の自己紹介の時間で、各々が他の村人との関係性や自分のキャラクターをお客様と舞台上の共演者に伝えます。このことを通称ブッコミと言う。私はいつも、兄弟などの関係性はあっても自分のキャラクターはそんなに変化させないため、自己紹介は
「修道女のエスターです。私は神に誓って人間です。」
か、
「修道女のエスターです。私は自分が人間であることを神に誓います。」

の2パターンを使ってます。
しかしこの日はこの2つがゴチャってしまい、
「私は自分が神でっ………」的なことを言ってしまい、初日の議論でこの村には予言者と霊媒師、狩人という能力者の他に神様がいるぞ!という流れにΣ( ̄ロ ̄lll) しまったー!
メイソンに「あなたは神ですか?」と聞かれたので、もう開き直って「今まで隠していたけれど私は神です(・д・)スン」と言い、私は神になりました。ふははは。
その後、狩人のゲイリーが2晩連続で人狼の襲撃から人を守ったため、バーバラ以外の人間の犠牲を出すことなく人間の勝利!すごいっ!

きっとゲイリーにパワーを与えていたのは村にいた神であるぞよ。というのはここだけのヒミツだよ │∀・) チラッ
 
結果 勝ち
 
 
 
看護婦アリシア役 米沢瑠美ちゃん
羊飼いメリー役 高橋明日香ちゃん
歌姫アリア役 フォンチーちゃん
と、わたす。
 

長くなったので今日はここまでヾ(*´∀`*)ノ
読んでくれてアリガトウ(*∂∀∂)キラッ
 
つづくー。
 
 

| | コメント (13)

2013年5月11日 (土)

人狼TLPT village2 「エスター目線過ぎる戦記」

遅くなりましたが、人狼TLPT village2を振り返ります。
お付き合い頂けたらうれしすー!
 
ちょー偏ったエスター目線過ぎる内容ですけど、あしからず │∀・) チラッ
 
人狼わからないよぅ。という方は良かったら写真だけでもご覧下さいまし(。・・。)
 
では早速。れっつごー。
 
 
 
第0ステージ(4月24日15時)
 
◯役職 狩人(`・ω・´)っ
 
◯内容 夜の犠牲者を救うのは私しかいない!という使命感のもと、自分が人狼だったら誰を救うかを考えながら守る対象者を考えるも1人も救えず……(´д`)人狼ステファンが本物の予言者だと信じていたため、その人狼のステファンを守っちゃったり。てへっ。
そして3日目の夜に人狼に襲撃される。ぬぅーん。しかし、残った村人たちの大活躍で勝利!
 
◯結果 勝ち
 
 
パン屋パンジー役、田邊久乃ちゃん。
 
 
 
第1ステージ(4月24日19時)
 
◯役職 村人(・∀・)
 
◯内容 血のつながらない弟ステファンが初日夜に襲われ、その翌日号泣。人狼への怒りが空回りしトンチンカンな推理で真予言ダンカン、真霊媒メイソンを次々に処刑してしまう。
そして最終日、目を覚ますとまさかの人狼3匹と狂人に囲まれ、エスターひとりぼっち。
狂人ドリス「私も一緒に次の村に行ってもいいー?」
人狼キャシー「もちろんよ♪」
村人エスター「あのー、私も連れて行ってもらってもいいですかね?」
ゲイ人狼デューク「ダメよぉ。私男が好きだけど、可愛い女の子食べるのも好きなのぉ」
村人エスター「やだ!どうせ食べられるならイワンにする!! 」
人狼イワン「食べます!」
的なエンディングでした(・д・)
 
◯結果 負け
 
 
未亡人キャシー役、都倉伶奈ちゃん。
 
 
第2ステージ(4月25日19時)
 
◯役職 村人(・∀・)
 
◯内容 初日の投票がおかしいなどの理由で、自らの無実をはらせぬまま4日目に処刑。能力なしの村人のときは話し合いの中で貢献することで自らの白をアピールしていかなくてはいけないけど、疑いを向けられたときに巻き返すことが出来なかったなぁ(´д`)
私が唯一、絶対的な信頼をよせていたのはデイジー。予言者だと偽っていた人狼のノーマンが、デイジーを黒確定していたから、人狼が人狼仲間を黒確定しないだろうと思ったのです。しかしそのデイジーが人狼で、もう自分の的外れな推理びっくり!Σ( ̄ロ ̄lll) 
 
◯結果 負け
 
 
お菓子職人デイジー役、寺島絵里香ちゃん。
 
 
つづく。
 
 
 
エスター日記、全4回でお送りする予定です。
ここまで読んでくれてアリガトウ(*∂∀∂)キラッ
 
 

| | コメント (6)

2013年5月 8日 (水)

5月ヾ(*´∀`*)ノ

こんにちはヾ(*´∀`*)ノ
ブログ、ご無沙汰してしまいました(´д`)
 
 
先日、舞台「人狼TLPT village2」が無事に閉幕いたしました。
ご来場頂きました皆様、ありがとうございました!
今シリーズとしては初めての、前売り券が完売となる回もあり、感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 
公演中に頂いたお手紙、似顔絵、プレゼント、差し入れ、ブログのコメント、Twitterのリプ、本当に嬉しかったです。
元気をもらいましたぁ!ありがとう。゜(゜´Д`゜)゜。
そして、公演後にお声かけて下さった皆さん、頂いたお言葉のひとつひとつが励みとなりました。
ありがとうございました!(*゜д゜*)
 
 
 
 次回作は6月!ヾ(*´∀`*)ノ
また詳細が出ましたら改めてお知らせさせて下さいね(*∂∀∂)
 
 
あ、少し前のお話なのですが、ツイッターのみでブログではまだお伝えしていなかったので改めて │∀・) チラッ♪
デジカメWatchさんの特別企画のモデルをさせて頂きました!
 
写真がいっぱい載ってますヾ(*´∀`*)ノ
ぜひぜひ見て下さい〜
 
 
35mmフルサイズで探る「カール ツァイスレンズ」の実力。
 
第1回「超広角〜広角レンズ編(ニコンD800)」
 
第2回「広角〜望遠レンズ編(キヤノンEOS 5D Mark III)」
 
 
撮影風景の写真です(*´∀`)
 
 
 
 
 
舞台「人狼TLPT village2」のレポートものんびりとあげていきたいと思います〜
写真もたくさんあるので │∀・) ウフフッ
 
 
では、また(*´∀`)
読んでくれてアリガトウ♪
 

| | コメント (9)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »